What's New?

 

店主より ひとこと

 

 

  早いもので、今週から5月も下旬です。もうすぐ梅雨の季節が訪れ、私たち写真関連の業界は比較的ヒマ
な時期となります。GWが終わると、いっぱい写真を取る大きなイベントが「夏休み」までなくなるためで
プリント業務は年間で最も少ない時期です。プリント工場はそんなタイミングでビデオテープをDVDに変換
ダビングするサービスのキャンペーンを開催しています。過去にハンディカム等で撮影した8mmビデオや
VHS-C、DVミニカセット、また結婚式等のイベントを記録したVHSテープといった家族の行事を録画した
テープメディアの映像が、ご家庭には数多く存在することでしょう。
 それらのテープメディアを再生できるビデオデッキやビデオカメラは現在では高額な業務用を除いて販売
されていませんし、壊れた機器の修理さえ不可能な状況です。そこで、取りあえずDVDにまで変換すれば、
最低でも10年後くらいまでは再生可能と思われます。DVDであればパソコンやBDレコーダーで再生できま
すし、デジタル化されているため将来のメディアにも簡単に移行できることでしょう。
 ご家庭で眠っているこれらのテープは、10年以上放置されたものがほとんどで、大半がカビや癒着の発生
が見受けられます。それらの補修料金が高額なため、よほどでなければ補修してダビングされるケースは多
くはありませんでした。これまではテープ1本あたり¥1,000程度のダビング料金に補修料が¥3,000程度
加算されていましたが、今年のキャンペーンは補修料金込みで5本以上の注文なら1本あたり¥980(税別)
で作業してくれます。今月末までの受付ですので、ご利用を検討される方はお早めにお申し込みください。
 また今回の特別キャンペーンの条件として、納期が1ヶ月かかります。その点だけはご了承ください。
 これまでにこのサービスをご利用になられたお客様からの評判は上々で、「今まで諦めていた映像を再現
できて本当に良かった。特にビデオは音声が記録されているので、想い出としては他に代えられない価値が
ある。」と話されていました。
 ビデオテープが全盛期だった時代は30−40年前になります。その後は家庭用ビデオカメラもDVDカムを
経てHDD記録、現在ではフラッシュメモリーやSDカードといったメディア記録が主流です。いつかのタイ
ミングで大切なテープメディアの映像記録を「デジタルアーカイブ」する必要はありそうですね。甦ると、
やっといて良かったなぁ…と感じていただけると思います。詳しくは「今週のおすすめアイテム」にて。
 2019.5.19

 
今週のおすすめアイテムは今月中キャンペーン価格の 「テープ→DVDダビング」 です。2019.5.19 
ソニーからBS/CS 4Kチューナー内蔵 有機ELテレビ「BRAVIA A9G」 新発売。2019.4.28  
ソニーからBS/CS 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ 「BRAVIA X9500G」 新発売。2019.4.28  
キヤノンから世界最軽量を実現したデジタル一眼レフ 「EOS kiss X10」 新発売。2019.4.14
パナソニックからG9 PROの思想を継承した小型軽量モデル 「LUMIX G99」 新発売。2019.4.14
パナソニックから広角24o・光学30倍ズームのコンパクト 「LUMIX TZ95」 新発売。2019.4.14  
ソニーから可動式液晶モニター搭載で世界最小・最軽量 「RX0U 新発売。2019.3.31  
ソニーからBTやUSBを搭載したステレオレコードプレーヤー 「LX310BT」 新発売。2019.3.31  
パナソニックから光学16倍ズームと1.0型センサー搭載した 「FZ1000U」 新発売。2019.3.17  
ご自宅でデジカメプリントが注文できる 「Digital Viewer」 のサービスをご利用ください。
就活シーズン到来!マルチサイズやデータ提出に便利な「デジタル証明写真」をおすすめします。
「Google Map インドアビュー」写真撮影を始めました。
母の日・父の日 ファミリー写真撮影 ご予約受付中。  2019.5.12
出張記念写真撮影 ご予約受付中。 
カメラ・パソコン相談室 ご予約受付中。