NEW PRODUCTS

 

新製品情報

 

新開発の手ブレ補正機能と最短約0.02秒の高速・高精度AFを搭載

 

 

 

 


● 主な特長

1.小型軽量ボディに新開発の手ブレ補正機能と高速・高精度AF機能を搭載

 

  • 新開発のボディ内手ブレ補正機能を搭載。手ブレ補正ユニットの基板を新たに設計するとともに、部品を最適に配置することで、「X-T4」に搭載している同ユニットと比べ約30%の小型軽量化を実現しました。また、シャッター時の微振動を効果的に抑制する衝撃吸収機構や、微細な振動を検知するセンサーなどにより、5軸・最大6.0段の防振性能を発揮。幅広いシーンで高精細な写真を撮影できます。
  • 465gの小型軽量ボディに、像面位相差画素を全面に配置した裏面照射2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現し、高い機動力を発揮します。
  • 高性能な動体追従AFを搭載しており、カメラに向かってくる被写体のみならず、カメラから離れていく被写体も正確にとらえ続けます。また、優れた顔・瞳AF機能により、快適なポートレート撮影を可能にします。
  • 暗闇に近い-7.0 EVの低照度環境下でも高速・高精度なAFを実現。夜景撮影など光量の少ない場合でも、被写体を正確にとらえることができます。
  • メカニカルシャッター設定時では、8コマ/秒の高速連写が可能。また電子シャッター設定時では、30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写を実現するため、決定的瞬間を逃しません。

 

2.優れた操作性により快適な撮影を実現

 

  • 軽量で高剛性のマグネシウム製グリップを搭載し、高いホールド性を実現。大型の望遠ズームレンズなどを用いて撮影する際の負担を軽減し、快適に撮影できます。
  • ボディ天面のモードダイアルにC1~C4のカスタムポジションを配置。各ポジションに画質・フォーカス・撮影の設定を登録することができ、お好みの設定を素早く呼び出して、スムーズに撮影を行えます。
  • モニターを自在なアングルに調整できる「バリアングル構造」を採用。「自分撮り」時に映像を確認できるため、意図通りの撮影を簡単に行えます。
  • ファインダーのライブビュー設定は、3つのブーストモードから選択可能。撮影シーンや被写体に応じて、暗所でも被写体を正確にとらえる「低照度優先」モード、被写体の細部まで映し出す「解像度優先」モード、被写体の動きをなめらかに表示する「フレームレート優先」モードを設定できます。

 

3. 多彩な色調を表現するフィルムシミュレーションにより卓越した画質を実現

 

  • 高彩度な発色とメリハリある階調表現が特徴的な「Velvia」や、低彩度・高コントラストで重厚感のある表現を可能とする「ETERNAブリーチバイパス」など全18種類の「フィルムシミュレーション」を搭載。「フィルムシミュレーション」の特長や最適な利用シーンなどを詳細に記載した解説ページを新しく加えており、当社デジタルカメラを初めて利用するユーザーにも独自の色再現を気軽にお楽しみいただけます。
  • 撮影シーンに応じて最適な設定を自動で選択する「AUTO/SP」モードのアルゴリズムを刷新しました。「カラークローム・エフェクト(ブルー)」、「明瞭度」、「ダイナミックレンジ優先」などを自動で適用することができ、より鮮やかな風景写真や、被写体を際立たせた美しいポートレート写真を撮影可能。逆光のシーンでも、白飛びや黒つぶれの少ない高画質な写真を撮影できます。

 

4. 充実の動画撮影機能を搭載

 

  • 6K相当の豊富なデータ量から4K映像を生成することで、ノイズの少ない高精細な映像を実現します。4K/30P 4:2:0 8bitでのカメラ内SDカード記録が可能。HDMI出力では、より多くの色情報を記録できる4K/30P 4:2:2 10bitに対応します。
  • フルHD/240Pのハイスピード動画撮影が可能。素早く動く被写体の一瞬のアクションも、最大10倍のスローモーション映像で再生することが可能です。
  • ボディ内手ブレ補正機能に加え、動画撮影時に使用できる電子式手ブレ補正を搭載。手ブレに合わせてフレーミングを微調整することで、手持撮影時に生じるブレを徹底的に抑制します。
  • ボディ天面に配置した「動画撮影ボタン」を押すことで、瞬時に動画撮影を開始することができます。写真撮影中に「動画撮影ボタン」により撮影を開始した場合は、自動で最適な撮影設定を適用します。

 

 

 

 

 

XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS レンズキット

 

当店価格 ¥165,000(消費税別)


11月19日 発売予定

← BACK   NEXT ⇒